水戸出身・深作欣二監督の大回顧特集上映!(東京)

2019/4/21

★水戸市に生まれた深作欣二監督の特集上映、国立フィルムアーカイブで開催!

アクションや暴力表現に革新をもたらし、斜陽に陥っていた1960年代以降の
日本映画に絶えず喝を入れ続けた映画作家、深作欣二(1930-2003)。

手持ち撮影を駆使した人を斬るようなキャメラワーク、破滅へと突き進んでゆく男たちの
人物造形、スターから無数の脇役までを躍動させる行き届いた集団演出など、深作映画の
たたえる活劇性は今も色褪せることがありません。
この上映企画は、深作監督が残した劇場向け作品61本(「総集篇」「特別篇」除く)から
作品を厳選し、さらにTVドラマ2本を加え、45プログラム(48本)に組んで上映する
大回顧特集です。
深作映画の尽きせぬ活劇の粋を、お楽しみください。

◆会期
4/23(火)~5/26(日)

※月曜日は休館

◆会場
国立フィルムアーカイブ2階
長瀬記念ホールOZU
(東京都中央区京橋3-7-6)

◆料金
一般 520円/大学・高校・シニア 310円/中学・小学 100円

※各プログラム入れ替え

◆舞台挨拶 (舞台挨拶のみの参加はできません)
・4/27(土)16:00『バトル・ロワイアル』上映前
 ゲスト:深作健太監督
・5/3(金祝)13:15『北陸代理戦争』上映前
 ゲスト:高田宏治さん(脚本家)

◆公式サイト
https://www.nfaj.go.jp/exhibition/fukasaku201903/


※上映時間、スケジュールなど詳しくはは、公式サイトをご確認ください

◆上映作品
4/23(火)「風来坊探偵」シリーズ「ファンキーハットの快男児」シリーズ「白昼の無頼漢」
4/24(水)「誇り高き挑戦」「ギャング対Gメン」「ギャング同盟」
4/25(木)「狼と豚と人間」「脅迫(おどし)「カミカゼ野郎 真昼の決斗」
4/26(金)「解散式」「博徒解散式」「ガンマー第3号 宇宙大作戦」
4/27(土)「君が若者なら」「軍旗はためく下に」「バトル・ロワイアル」
4/28(日)「血染の代紋」「現代やくざ 人斬り与太」「人斬り与太 狂犬三兄弟」

4/30(火)「仁義なき戦い」「仁義なき戦い 広島死闘篇」「仁義なき戦い 代理戦争」
5/ 1(水)「仁義なき戦い 頂上作戦」「仁義なき戦い 完結篇」「仁義の墓場」
5/ 2(木)「県警対組織暴力」「資金源強奪」「暴走パニック 大激突」
5/ 3(金)「やくざの墓場 くちなしの花」「北陸代理戦争」「柳生一族の陰謀」
5/ 4(土)「宇宙からのメッセージ」「蒲田行進曲」「忠臣蔵外伝 四谷怪談」
5/ 5(日)「白昼の無頼漢」「誇り高き挑戦」「狼と豚と人間」

5/ 7(火)「復活の日」「君が若者なら」「道頓堀川」
5/ 8(水)「現代やくざ 人斬り与太」「人斬り与太 狂犬三兄弟」「魔界転生」
5/ 9(木)「里見八犬伝」「血染の代紋」「上海バンスキング」
5/10(金)「黒蜥蜴」「黒薔薇の館」「恐喝こそわが人生」
5/11(土)「必殺仕掛人」1・2話「華の乱」「ギャング対Gメン」
5/12(日)「ギャング同盟」「いつかギラギラする日」「おもちゃ」

5/14(火)「資金源強奪」「カミカゼ野郎 真昼の決斗」「蒲田行進曲」
5/15(水)「軍旗はためく下に」「必殺仕掛人」1・2話「県警対組織暴力」
5/16(木)「やくざの墓場 くちなしの花」「柳生一族の陰謀」「宇宙からのメッセージ」
5/17(金)「おもちゃ」「華の乱」「いつかギラギラする日」
5/18(土)「風来坊探偵」シリーズ「解散式」「博徒解散式」
5/19(日)「復活の日」「ファンキーハットの快男児」シリーズ「脅迫(おどし)」

5/21(火)「忠臣蔵外伝 四谷怪談」「暴走パニック 大激突」「仁義の墓場」
5/22(水)「道頓堀川」「上海バンスキング」「北陸代理戦争」
5/23(木)「仁義なき戦い」「仁義なき戦い 広島死闘篇」「仁義なき戦い 代理戦争」
5/24(金)「仁義なき戦い 頂上作戦」「仁義なき戦い 完結篇」「バトル・ロワイアル」
5/25(土)「黒薔薇の館」「魔界転生」「恐喝こそわが人生」
5/26(日)「里見八犬伝」「ガンマー第3号 宇宙大作戦」「黒蜥蜴」

 

  • 『人生劇場』(1983)撮影現場での深作欣二監督