第4回ショートフィルム大賞タイトル

第1回 記念撮影
第1回 ストロボ32
第1回 A.T.監督32
第2回 帰ろうYO!32
第2回 松本卓也監督32
第2回 会場の様子

 

「いばらきショートフィルム大賞」とは

映像から生まれる茨城の魅力(風景・文化・食等)を国内外に発信し、観光誘客の促進を図るスクリーンツーリズムを推進します。
このため、茨城の魅力にあふれたショートフィルム作品を現在募集中!なお、ノミネート作品及び受賞作品は、米国アカデミー賞公認映画祭である「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2017」で上映します!!

 

募集要項

茨城が有する自然の風景(海岸・湖畔・あぜ道など)、レトロな風景(古民家・木造校舎・寺院など)、現代的な風景(モール街・空港・港など)、そして文化、食文化などをストーリーに盛り込んだ作品や茨城にまつわる昔話、逸話などのショートフィルムを募集します。

pointup

「茨城県」であることがわかるように茨城の地名(霞ヶ浦・筑波山等)、方言(だっぺ・ごじゃっぺ)などが「セリフ」や「シーン」として盛り込まれる作品はノミネート選考での評価が高くなります。

ジャンルは不問・25分以内(エンドクレジット含む)・制作年度は不問・作品中、茨城をロケーションとしたシーンが半分以上であること

作品の上映

ショートショートロゴ

ノミネート作品及び受賞作品については「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2017」で上映する他、札幌などの国内外の映像祭や、県立図書館等の公共施設及びいばキラTV等での上映、配信を予定しています。

hr-dot

応募方法

①DVDでの応募

作品をDVDに記録し、必要事項を記入した応募用紙と一緒に「いばらきフィルムコミッション」宛に提出してください。

②インターネットでの応募

インターネット動画共有サイト「YouTube」に応募作品を投稿してください。(プライバシー設定は必ず「限定公開」を選択してください)
その後、応募用紙を「いばらきフィルムコミッション」宛に提出してください。(メール可)
必ずYouTubeの「利用規約」を確認し、全ての項目にご同意いただいたうえで投稿してください。

 

※応募方法1、2のいずれの場合も、作品が選考された場合には、応募作品のNTSC HDCAM、HDV、映像データ[Quick Time]、Digital Betacam、Betacam もしくはDVCAMを提出してください。

応募用紙をダウンロード

hr-dot

参加資格

不問、ただし作品に関わる音楽等の使用(俳優の肖像権、JASRAC等)に関して、ウェブ上での配信、イベント上映など権利上クリアにされている作品に限ります。

hr-dot

著作権の扱い

応募作品の著作権は応募者に帰属しますが、ノミネート作品及び受賞作品を県・市町村の広報活動に資するため、二次利用に関して、応募者は茨城県と著作権の同意書を結ぶこととします。

banner_shortfilm