鷹見泉石記念館

登録番号:0199

カテゴリー:古い建物/江戸の町並み 古河市

所在地
古河市中央町
交通
東北自動車道久喜ICより30分

概要

古河藩が藩士たちのために用意した武家屋敷の一つで、蘭学にいそしんだ鷹見泉石が晩年を送った家。寛永10年(1633)に古河城主土井利勝が古河城の櫓をつくった時の残り材を使って建てたと伝わっている。敷地面積約345坪、建築面積約44坪。屋根は茅葺き、壁は小舞。座敷と門、門の前の通りが映画「伊能忠敬 子午線の夢」のロケ地となった。

主な撮影実績

  • CM 「元気ハツラツぅ?CMバトル2006」
  • CM「大関 純米搾りたて」
  • 映画「伊能忠敬 子午線の夢」